競売ではなく任意売却に行動を移すことが大切

専門サービス

  

専門業者

任意売却を行なう場合は、専門業者に依頼した方が良いです。自分1人で行なうこともできますが、手続きや交渉なども非常に煩わしい物が多いです。専門業者に依頼することで、スムーズに任意売却を進めることができます。

この記事の続きを読む

流れ

任意売却の流れを知っておくと、行動もしやすいです。住宅ローンの支払いが厳しくなったら、まずは専門業者に相談しましょう。それから、専任場回契約の締結を行います。債権者や抵当権者へ任意売却の同意を得たら、販売を開始します。

この記事の続きを読む

注意点

任意売却をすることで、多くのメリットがあります。しかし、注意しておきたいのは注意点もあるということです。契約や決済の時には出向かなければならないことや、証明書関係を取得しなければいけない、内見に協力する、などです。

この記事の続きを読む

費用

住宅ローンが支払えないということは、それだけ生活が厳しい状態ということです。任意売却を依頼する場合は、その分費用が発生するのですが、専門業者に支払うのは成功報酬なので、現在手元にお金が無くても依頼することが可能です。

この記事の続きを読む

メリット

交渉次第では引越し費用を用意してもらえます。福岡で任意売却することで負担が大きく軽減されます。再出発をするには最適です。

物件を売りたい人も買いたい人もサポートします!熊野町の不動産会社が要望を実現する力に長けていると有名になっています。

ほとんどの人はマイホームを購入する時に住宅ローンを組みます。マイホームに住み続けるためには、その住宅ローンを必ず支払わなければいけません。
しかし、いきなり給料が少なくなったり、病気や事故などで予定していなかった出費があったりすると、住宅ローンを支払うのは厳しくなります。
住宅ローンが滞ったまま放置していると、金融機関に差し押さえされることになり、自動的に住宅は競売に出されてしまいます。
競売は決してメリットが多いとは言えません。しかし、自分で行動することによって、メリットを増やすことができます。
自分で行動して、任意売却をすることで、多くのメリットを得られます。競売と任意売却では今後の生活のしやすさが大きく違います。

任意売却の利点は、市場価格に近い価格で売却することができることです。競売の場合は、市場価格よりも低い価格で売却することになりますが、任意売却ならなるべく高い価格で売ることができるのです。
また、競売の場合は、住宅ローンが支払えなくて家が差し押さえられた、ということを第三者に知られてしまいます。
しかし、任意売却は、通常の不動産売却と同じ方法で家を売るので、近所に知られることなく引っ越しすることができます。

マイホームには多くの思い入れがある場合がほとんどです。しかし、そのマイホームを手放すことになるのは非常に悲しいことです。
競売の場合は、マイホームが売却されてしまうと二度と自分の家として住むことはできません。しかし、任意売却なら、売却した自宅に住み続けられる可能性があるのです。
住み続けられるという希望を持つことによって、任意売却にかける思いも強くなります。
なぜ売却した後に住み続けられるのかというと、自分の兄弟、親、親戚、などに買い取ってもらい、借家という形で家賃を支払うからです。
この方法のことを、リースバックと言います。
逆に、なぜ競売は住み続けることができないのかというと、債務者が買取主を指名したり、交渉したりすることができないからです。

藤沢の不動産に注目してみませんか?|明治地所